MotoGP: ルカ マリーニがバニャイアの週末に打撃を受ける

0
2

バレンシア初日、みんなの前にドゥカティが。 もはやノベルティではありませんが、今回は ルカ・マリーニ フリープラクティスの金曜日に足を置きます。 初日の終わりに満足していないバニャイアに影を落としたVR46ライダーにとって、良いスタート。 弟のバレンティーノ・ロッシの前に現れたいマリーニも、VR46 アカデミーのすべての部下をサポートするために出席しています。 しかし、日曜日には、征服すべき目標もあり、これまでのところ逃れてきましたが、同僚であり新人のベゼッキがすでに達成したことです…

ドゥカティに乗るマリーニ

赤い部隊は、すべてのセッションで堅実な主役になりました. イタリアのブランドの8人のライダーのうち、ポール、表彰台、勝利ではないにしても、グリッドの最前列を獲得していないライダーは1人もいません。 ドゥカティの進歩だけでなく、MotoGP の選手たちが到達したレベルについても多くを語っています。 特別オブザーバーは、絶好の機会を手にしたペッコ・バグナイアです。 しかし、彼は余分なプレッシャーのピンチを感じ始めたので、リスクなしで初日を終えました. そのため、ルカ・マリーニは、赤いホルヘ・マーティンとジャック・ミラーの同僚の前で、ステージに上がりました。 これは、合計順位のトップ 10 に存在する 6 つの Ducatis のうちの 3 つです。 「孤独な」クアルタラロとマルケスに対して、今も絶え間なく声を上げているデスモセディチのドライバーたち。

表彰台は近いですか?

「最高のフィーリングです。毎ラップ楽しめました。」 ルカ マリーニは明らかに用心深いが、バレンシアでの初日には非常に満足している。 午前中の問題の後、午後の前進。 「これまでで最高のセカンドフリーだったと思う」 彼は一日の終わりに強調した。 でもそれを認めても 「まだ改善する必要がある。明日は全員がそれを行うだろう」 そもそも目標はQ2ですが、レースも視野に入れているのではないでしょうか。 彼はすでに表彰台のふもとで何度か締めくくられており、約10日前のMotoGPでの最初の完全な引退の後、彼は確かに挽回を目指しています. ボックスメイトがデビュー時にすでに一度表彰台に上っているという事実に加えて…バレンシアは適切な機会でしょうか?

写真:ヴァルター・マガッティ