MotoGP、ジャコモ・アゴスティーニ: 「私とペッコ・バニャイアの違いは…」

0
8
MotoGP, Giacomo Agostini

50 年間の世界選手権のスレッドは、ジャコモ アゴスティーニとペッコ バニャイアという 2 人のイタリア人を結びつけるもので、イタリアのオートバイで世界選手権に勝つことができました。 バレンシアで開催された MotoGP の週末、15 度のチャンピオンに輝いた彼は、グランプリの開始前にドゥカティ ボックスの地球の隅々からテレビ カメラによって不朽の存在となりました。担ぎ手。 2009 年のバレンティーノ・ロッシの勝利の後、タイトルはイタリアの国境内に戻ってきました。イタリアのスポーツと歴史の素晴らしいページです。

「メイド・イン・イタリー」のMotoGPタイトル

ジャコモ・アゴスティーニは、心の別の部分がファビオ・クアルタラロに向けられていることを隠していなくても、ドゥカティの最も重要な日を見逃すことはできませんでした。 「はい、それは真実です。 私はヤマハで過去2回の世界タイトルを獲得し、それを心に留めていますが、私はイタリア人であり、この勝利はイタリアにとって重要なことだと思います.」。 1968年から1974年まで350クラスで7回、500クラスで8回の世界チャンピオン。

バレンシアのリカルド・トルモで、彼はイタリアの色を誇りに思って、世界選手権を待つアドレナリンを味わいました. しかし、ベル パエーゼ出身のライダーが「イタリア製」のバイクで再び優勝するまでには 50 年かかりました。 「簡単ではないから半世紀が経ちました。 日本人は世界選手権で成長するために懸命に努力してきました。今では、はるかに小さな工場であるドゥカティがこれらすべてのバイクを勝利に向けて準備できたことは素晴らしいことです。なぜなら、すべてのライダーがそれを行うことができるからです. これは Ducati 技術者の功績によるものです。」。

Bagnaia-Agostini 「心の違い」

ペッコ バニャイアには、バレンティーノ ロッシの MotoGP への別れを後悔させなかったという別の大きなメリットもあります。 ドクターのリリースから 1 年後、イタリアのバレンシアにあるリカルド トルモで二輪車が再び喜びを感じています。 「私たちは常にヒーロー、他の人ができないことをするパイロットを必要としています」、ジャコモ・アゴスティーニは「AS」を思い出させました。 これは大衆が望んでいることであり、ペッコが成し遂げたことは重要であり、彼は素晴らしい頭を持っていることを示した. Bagnaia のキャラクターは、15 回のチャンピオンが矛盾を指摘しているにもかかわらず、部分的に「Ago」を連想させます。私はペッコが好きです。なぜなら、彼は穏やかなドライバーで、ショーをあまりやらないからです。 変なことをしなくても、私の性格が少しあります。 彼もハンサムですが、私が暇なときにすでにガールフレンドがいます。 これが違いです (乗る)”。

写真:MotoGP.com