Moto3 バレンシア、証明 3: 山中が指揮、シンティル トバ マシア

0
7

これらの最後のフリープラクティスでは多くの激動があり、共同事故の後、鳥羽海斗とジャウメ・マシアの間に最後の火花さえありました。 タイムとランキングの点でかなり波乱に富んだMoto3ラウンドの最後の乱闘。 山中流星選手がついに全選手の前で締めくくり、ルーキーのイヴァン・オルトラ選手とディオゴ・モレイラ選手がそれに続きました。 直接 Q2 に進むイタリア人は 2 人だけです。デニス フォッジャとリカルド ロッシです。ダビド サルバドールも優れています。 GPのすべての時間を思い出して、それがどのように進んだかは次のとおりです。

フリープラクティス 3

イバン オルトラは、エグジット ラップで機械的なトラブルに見舞われ、スタートすらできませんでした。 しかし、シフトのほぼ半分で問題は解決し、彼の FP3 も始まります。 誰が上位 14 位を占め、Q2 を直接制するかを理解するための重要なセッション。 FP2の後、ヒョウのデュオが指揮を執り、イザンゲバラが続きますが、2022年のMoto3チャンピオンが全員を追い越すのにそれほど時間はかかりません. 実際、ランキングはすぐにいくつかの変化を遂げます。最終的に、土曜の朝は山中竜星が最高で、ルーキーのオルトラとモレイラがそれに続きます。 最後の数分で、今回はエレロスのコーナーで、佐々木に週末の 2 番目の事故が発生しました。 マックス レーシング チームのドライバーにとって複雑なスタートであり、改善できず、Q1 に出場しなければなりません。 セッション終盤のターン11でアクシデントに見舞われた鳥羽選手とマシア選手も激闘。

Moto3 FP3 / 複合分類