Moto2 バレンシア、プラクティス 3: アコスタがリピート、Q2 にパシーニとダラ ポルタ

0
3

KTM Ajo の連中は、Moto2 のペースを支配し続けています。 特にペドロ・アコスタは、最後のフリー走行セッションに署名を入れていますが、アウグスト・フェルナンデスはすぐ後ろにいます。 小倉愛は 7 位でフィニッシュし、ダイレクト Q2 を獲得しました。これは、タイトルを争わなければならない人々にとってすでに良い結果です。 イタリア人を見ると、Celestino Vietti が転落し、Tony Arbolino が多くのポジションを失い、Lorenzo Dalla Porta と Mattia Pasini だけがトップ 14 を確保しています。

フリープラクティス 3

Celestino Vietti は、金曜日の最初の 2 ラウンドの後、Q2 にはほど遠い状態です。 このセッションはうまく開始されません。数分後、状況を複雑にするドゥーハンのクラッシュが発生します。 ターン10でジョー・ロバーツの事故が発生した直後、彼のKTMアジョは昨日停止した場所からスタートしました。 アコスタとフェルナンデスは長い間上位のポジションを入れ替えており、注目を集めることに熱心なロペスも簡単に挿入されています。 特にMoto3王者、ルーキー同士の戦いの相手から。 しかし、最終的には、マザロンのルーキーとMoto2のリーダーだけが、わずか66000分の1の差で勝っています。 別の 6,000 分の 1 は、アロンソ ロペスが 4 位、ロレンツォ ダッラ ポルタ、マッティア パシーニが第 2 四半期の唯一のイタリア人であるアロン カネットです。 ヴィエッティとトニー・アルボリーノからの悪いニュース… 最後の数分で、ロバーツの新しい事故を報告しましたが、コルシもカンポスで倒れました。

FP3 / 複合分類

写真:レッドブルKTMガーリック