チャンピオンの 100 Km、番号「1」のバニャイア。 ドヴィツィオーゾ: 「ここは楽園だ」

0
16
100 Km dei Campioni

‘100 Km of Champions’ の第 8 回がバレンティーノ ロッシ牧場で始まりました。 昨日から 40 人のライダーがトラックに参加し、無料の練習セッションが開催され、Tavullia のダート オーバルに慣れ、表彰台を争うフラット トラック バイクに小さなセットアップ変更を加えることができました。 ゲストの中にはアンドレア・ドヴィツィオーゾもいます。フォルリ出身のライダーがモーター牧場の未舗装の道路に出くわしたのはこれが初めてではありません。数か月前に彼の友人でアプリリアのテストライダーであるロレンツォ・サヴァドリと一緒に訪れた後です。 特別なカラーリングをまとったペッコ・バニャイア。

タヴリア牧場のドヴィツィオーゾ

モトクロスのエキスパートでさえ、「100km」の表彰台に乗るのは簡単ではありません。 初日は、何よりもスピードとフライング ラップに基づくレースであるアメリカン ノックアウト チャレンジに専念します。 ただし、11 月 26 日(土)はペアで伝統的なチャレンジが行われます。 「ライダーの名前とは別に、ここにいることには 2 つの良い面があります。 情熱的な人々がいて、私たちの中にオートバイがいて、それだけです。私のモトクロス時代のように、私たちは楽しんでいます – アンドレア・ドヴィツィオーゾはSky Sportに語る –. それから、私たちは楽園であるトラックにいます。この種目のために世界のどこにもそのような大きなトラックはありません。トレーニングの可能性はありますが、非常に競争の激しいレースでもあり、とても楽しいので、そこに参加してみませんか」。 9月のミサノラウンド後に世界選手権を離れた元MotoGPライダーは、詳細に次のように述べています。それらはフラット トラック用に改造されたダート バイクであり、アメリカで使用されているバイクではありません。 それは作成された分野であり、既製のバイクであり、ほとんど変更を加える必要はありません」。

背番号1のペッコ・バニャイア

ペドロ・アコスタからアウグスト・フェルナンデス、アレックス・リンスからホルヘ・マルティンまで、多くのゲストが参加しました。 「100 Km of Champions」2022 では、ペッコ バニャイアが世界チャンピオンになったばかりで、非常にレベルの高い競争が繰り広げられます。 彼が今週末使用するバイクには、彼の 2 度目の世界タイトルとナンバー「1」を祝う特別なカラーリングがあります。 これは、次のワールド シーズンに向けた彼の決定のプレビューになる可能性があります。そのとき、彼は「63」を継続するか、ドゥカティ デスモセディチに現チャンピオンのナンバー 1 を付けるかを決定する必要があります。 来年から、彼はボックス ファクトリーでエネア バスティアニーニとチームを組み、タヴッリア ランチを欠場します。その目的は、MotoGP ワールド タイトルを防衛することです。

写真:Instagram @vr46tribe